優しい白髪染めの極意~肌に優しい白髪染めを探す

白髪染めを上手にするための極意! - 髪を傷つける

髪を傷つける

自宅で自分で白髪染めをするとなると、手を汚さないように手袋をしたり、周囲が汚れないように新聞紙などを準備したりする必要があるのですが、クリームなどで生え際の皮膚を保護するためのクリームなども使う方もいらっしゃるでしょう。

1回の白髪染めでこれだけ準備に時間がかかると考えると、なかなか面倒くさいですよね。服を脱いで白髪染めをする方、着衣のままの方など様々ですが、脱ぎやすいように前開きの服を着たりなど配慮する方もいらっしゃいます。白髪染めは市販のヘアカラー剤を使う方も多いのですが、これだけ面倒な作業になるので、美容室でする方も増えているのではないかと思います。

自分でするのも面倒

しかし、美容室は予約する必要があったりするので時間の都合をつけにくくなりますよね。自分でするのも面倒だけど、美容室に行く時間もない・・そういう方は、ヘアカラーなどを使ってすぐ染める方が便利だとは思います。髪の毛を傷める可能性が高いので、できれば自分でするのはやめた方がいいと美容関係の方は言いますよね。

美容室ではしっかりケアしながら白髪染めをしますが、自宅では一剤と二剤を混ぜたものを塗布して脱色しながら色を付けるという感じなので、あまり髪の毛を傷つけずにできる白髪染めを探してみましょう。