優しい白髪染めの極意~肌に優しい白髪染めを探す

白髪染めを上手にするための極意! - 白髪染めで脱毛症になる可能性があります

白髪染めで脱毛症になる可能性があります

実際のところ、注意書きを守って使う限り、脱毛症になることはまずありません。しかし、使い方を誤れば、頭皮が痛んで毛が抜けるということはあります。面倒なので手順を省略していませんか?手間を惜しんで抜け毛を増やさないように気をつけましょう。

<ちょっとした手間をかけるだけで、脱毛症を防げる>
パッチテストとは、アレルギー反応が出るどうか調べるテストで、実際に使う製品を直接肌につけて調べます。このテストをすることで、髪が抜ける危険性をかなり下げることができます。初めて使うときは当然ですが、染め直すごとにも確認をしましょう。なぜなら、体質が急に変化して、今まで平気だったのでも、急にアレルギーが出ることがあるからです。

パッチテストは難しいことではないですから、ぜひやるようにしましょう。市販されているものには必ず説明書がついていますから、その通りやるだけです。ポイントは、48時間後の反応まできちんと見ることと、万一アレルギーが出たらすぐ使用を中止し、皮膚科へ相談に行くことです。それだけで、脱毛の可能性が大きく減少しますので、やってみる価値は大いにあります。

ふつうに白髪染めを使うだけなら心配する必要はありませんが、用法を守らないと薄毛になり、最悪の場合、脱毛症になってしまう可能性があります。自己流の染め方が、知らず知らずのうちに髪の毛を減らしている、そんなことがないよう、用法をきちんと守って、白髪染めを使いましょう。